シャンプーで髪はサラサラになる?篠原涼子のペルルセボンでシャンプー選びに悩まない理由とポイント解説します

皆さんは、サラサラとした質感の髪に憧れたことはありませんか?

カラーリングやパーマをしていると髪がゴワついてしまって、サラサラ髪とは程遠くなってしまうこともよくありますよね。

そんなときは、女優の篠原涼子さんが完全プロデュースした「ペルルセボン(Perle Savon)」を選ぶのがおすすめです。

この記事では、サラサラ髪を手に入れるためのシャンプー選びのポイントや、篠原涼子のペルルセボンでシャンプー選びに悩まない理由、シャンプー方法を、細かく解説します。

サラサラ髪を手に入れたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

サラサラ髪を手に入れるにはシャンプー選びが重要!

シャンプー サラサラ

サラサラ髪を手に入れるためには、まず、髪のダメージを見直してキューティクルを補修することが大切です。

キューティクルは、髪の表面にうろこのように存在しており、髪の内側にある水分やタンパク質が外に流れ出ないように保護しています。

よく、切れ毛や枝毛、髪のゴワつきなどに悩んでいる方がいますが、これはキューティクルが剥がれたり傷ついたりすることで髪に必要な成分が失われ、髪が傷んでしまうことが一番の原因です。

キューティクルはとても繊細で、日常で使うヘアアイロンやドライヤーの熱、紫外線からの乾燥、カラーリングなどの施術といった、日々起こる摩擦や刺激によって傷ついてしまうのです。

美容院などで髪の毛を定期的にケアすることも大切なのですが、まずは毎日使うシャンプーを篠原涼子のペルルセボンにすることでキューティクルを補修したりケアしたりするのがとても重要です。

サラサラ髪を手に入れるシャンプーを選ぶ3つのポイント

シャンプー サラサラ

サラサラ髪を手に入れるためには前項でも説明した通り、まずはキューティクルを毎日ペルルセボンのシャンプーでケアして、ダメージを補修することが大切です。

最近では、ドラックストアなどでたくさんの種類のシャンプーが販売されていますよね。

中には、以前は美容院でしか購入できないような商品もあり、市販品のクオリティーが上がっているからこそご自身で数あるシャンプーの中から1つを選びだすのはとても困難です。

シャンプーを選ぶポイントは、ご自身が抱える髪の悩みによってシャンプーに含まれる洗浄成分や補修成分を見極めることが重要になります。

ここからは、サラサラ髪を手に入れたい方がシャンプーを選ぶ時に必要なポイントを3つご説明していきます。

このポイントは主に、篠原涼子のペルルセボンのシャンプー容器の裏側にある成分表をチェックすると確認できるので、実際にペルルセボンを購入する際は参考にしてみてください。

アミノ酸系シャンプーを選ぼう

シャンプー サラサラ

シャンプーは水の次に洗浄成分が多く含まれており、その洗浄成分にもさまざまな種類があります。

サラサラ髪を手に入れたい方は、ペルルセボンのようなアミノ酸系シャンプーを使用するのがおすすめです。

一般的に発売されているシャンプーは洗浄力が強いものが多いので、頭皮や髪を洗い過ぎてしまい、必要な油分や水分まで流してしまう可能性が高くなります。

しかし、アミノ酸系シャンプーは、他の洗浄成分を含むシャンプーと比べて洗浄力が強すぎず、汚れだけを落とし髪に必要なうるおい成分は残してくれます。

また、人間の髪のタンパク質はアミノ酸から成り立っているため、アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪に優しく刺激が少なく済むのです。

アミノ酸系シャンプーは原料が高いため、もともとは市販品ではなく美容院などでしか流通していませんでしたが、市販品のレベルがどんどん上がっているため、現在では多くのアミノ酸系シャンプーを気軽に手に取ることができます。

篠原涼子がプロデュースしたペルルセボンも含むアミノ酸系シャンプーの多くは、シャンプーボトルや成分表内に「アミノ酸配合」と記載されていることはほとんどありません。

したがって、アミノ酸系シャンプーと見分ける時には成分名の頭に、「ココイル」「ラウロイル」「ココアンホ」がついているものを選びましょう。

例えば、下記の成分が代表的です。

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココアンホ酢酸Na

アミノ酸系シャンプーの成分は他にもあリますが、この3つを覚えておけばシャンプーの洗浄成分を見分ける時に役に立ちます。

泡立ちの良さ

シャンプー サラサラ

サラサラ髪を手に入れるには、キューティクルがダメージを受けやすい摩擦や刺激をなるべく避けなければなりません。

キューティクルは髪が濡れている状態だと、乾いているときよりも更にダメージを受けやすくなるため、シャンプーで髪をこすり合わせることもなるべく避けたい行動の一つです。

そのためにも、シャンプーは心地よい泡立ちのペルルセボンを選びましょう。

適度な泡立ちがあれば、シャンプーをする時に髪と髪の間に泡が挟まれるため直接こすり合わせることがなく、摩擦が避けられます。

泡立ちはシャンプーに含まれる界面活性剤によって左右されますが、ペルルセボンなどのアミノ酸系シャンプーに含まれる界面活性剤は、他の洗浄成分に含まれる界面活性剤よりも低刺激であるため、泡立ちにくさはあります。

アミノ酸系シャンプーの中にも種類があるのですが、その中でも刺激を抑えつつ比較的泡立ちやすいのが、「アラニン」と「タウリン」です。

見極めるポイントは、成分の語尾に「アラニン」もしくは「タウリン」と表記されているかどうかです。

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンNa

アミノ酸系シャンプーの中には、「アラニン」「タウリン」よりも強めの界面活性剤を含む種類のものもあります。

しかし、サラサラ髪を手に入れたい場合は、なるべく髪に低刺激な篠原涼子プロデュースのシャンプーを選ぶ方が良いでしょう。

補修成分を確認

シャンプー サラサラ

サラサラ髪を手に入れるためには、ダメージが軽いうちに補修成分を含む篠原涼子プロデュースのシャンプーでケアすることが大切です。

また、日常的に浴びてしまう紫外線によって髪が乾燥してしまうことも、キューティクルが減少してしまう1つの原因です。

そのためにも補修だけではなく、保湿効果のある成分もシャンプーに含まれているとより安心です。

キューティクルを補修や保湿する成分の一例は、こちらです。

  • 加水分解ケラチン(補修)
  • 加水分解コラーゲン(補修・保湿)
  • 加水分解シルク(保湿)

補修や保湿だけではなく、他の髪の悩みに対して効果を発揮する成分もさまざまあります。

シャンプーは洗浄するだけではなく、ご自身の悩みにあった成分をプラスすることで、ご自身の髪の悩みを軽減させることもできます。

ペルルセボンでシャンプー選びに悩まない!

シャンプー サラサラ

上記では、シャンプーを選ぶ時に必要なポイントを3つご紹介しましたが、いちいち市販品の成分表示を確認するのが面倒だという方は、「ペルルセボン」を試してみてはいかがでしょうか。

ペルルセボンは、数々のドラマや映画で活躍する女優の篠原涼子さんがプロデュースしたことで美容に敏感な女性たちの間で話題となっているシャンプー&トリートメントです。

品質の高さは毛髪診断士の折り紙つきで、シャンプーするだけでサロン帰りのあの手触りが手に入ります。シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を中心に、ダメージを広げず外敵から髪を守ることでサラサラに仕上がるので、シャンプー選びにお困りの方におすすめです。

さらに、業界初のナノテクノロジー成分も配合しているため、篠原涼子プロデュースのトリートメントとセットで使用することで美髪を叶えます。これまでのシャンプーでは感じられなかったようなサラサラの手触りに驚かれることでしょう。

正しいシャンプー方法を身につけよう

シャンプー サラサラ

ここまでは、サラサラ髪を手に入れるためにシャンプーの中身を見直してきましたが、毎日行うシャンプー方法も見直すことで、より効果的に髪質を向上させることができます。

理想的なシャンプー方法の手順を、ご説明します。

  • 乾いた髪の状態でブラッシング
  • お湯の温度は40度以下!お湯洗いをする
  • シャンプーは必ず泡立ててから髪に乗せて洗う
  • 洗い残しのないように流す(トリートメントをした後も同様)
  • 自然乾燥はNG!ドライヤーで乾き残しがないように乾かす

とにかく重要なのは、髪に対していかに刺激や摩擦などの負担をかけずに洗うかということです!

せっかくペルルセボンのシャンプーに変えても、髪に負担を与えてしまう洗い方をすれば、髪は傷んでいきます。

サラサラ髪を手に入れるためだけではなく、健康的な髪を保つためにもシャンプーの手順を守ることでケアすることができます。

シャンプー方法で注意したい3つのポイント

シャンプー サラサラ

ご説明したシャンプー方法の手順の中でも、特に注意したいポイントを3つまとめました。

ポイントをおさえて、より効果的にシャンプーをしましょう。

シャンプーを使う前にある程度の汚れを落とす

乾いた髪でブラッシングを行うことで、シャンプー前に絡んだ髪をほどきます。

また、お湯洗いをすることでホコリや汚れを事前に取り除き、シャンプーで髪をこすり合わせることを最小限にしましょう。

お湯洗いは、2分間行うとより効果が出やすいです。

髪はこすらない

何度も説明していますが、髪にとって摩擦は大敵です!

顔を洗うときのように、シャンプーも髪に乗せる前に泡立てましょう。泡を使って優しくなじませながら洗います。

ドライヤーには気をつける

自然乾燥は髪にうねりなどを残させる原因になるので、サラサラ髪を目指している方は必ずドライヤーを使用しましょう。

しかし、ドライヤーも同じ箇所を集中して乾かしてしまうと髪が高温になりすぎて、熱によるダメージを受けます。

ドライヤーを小刻みに動かし、一定距離を保ちながら髪を乾かすことが大切です。

ヘアオイルなどを使って、髪を熱から保護しながら乾かすのも髪の水分が保てるのでおすすめです。

まとめ

今回は、サラサラ髪を手にいれるためのシャンプー選びについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

美容院に行かなくてもシャンプーやシャンプー方法を見直すだけで、髪は毎日ケアすることができます。

ダメージがひどい髪はなかなかきれいな髪に戻すことが難しいので、ダメージが軽いうちから篠原涼子プロデュースのペルルセボンでケアすることで、サラサラ髪や健康的な髪を目指していきましょう。

ペルルセボンは、4月10日の発売と同時に注文が殺到しており、実際に発送されるのは5月末以降となっていますので、ぜひお早めにチェックしてみてくださいね。