ミカホワイトのホワイトニング効果は本物?使用のコツも紹介

タレントのアンミカさんがプロデュースしたホワイトニング歯磨きの、ミカホワイトをご存知ですか?

美容に関するさまざまな資格をもち、知識が豊富なアンミカさんがつくったアイテムということで、さまざまなメディアで話題になっています。

しかし、ホワイトニング歯磨きについては、「今まで他の商品を使ってみたことがあるけれど、効果を感じなかった」との考えから、購入をためらってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではミカホワイトの効果について解説したあと、ホワイトニング歯磨きの効果を高めるためのコツについてご紹介します。

ミカホワイトを購入したいと考えている方、迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミカホワイトのホワイトニング効果について

ホワイトニング

今まで他のホワイトニング歯磨きで失敗した経験があるという方は、ミカホワイトは大丈夫なのかと心配ですよね。

そこでまずはミカホワイトのホワイトニング効果について、歯が黄色くなる理由とともにご紹介します。

歯が黄色くなる理由

ホワイトニング

以下は、主な歯が黄ばむ原因です。

  • 食べ物や飲み物
  • 虫歯や歯石

歯が黄ばむ原因として最も多いのは、コーヒーや紅茶、赤ワインなどに含まれるポリフェノールと、歯の表面のエナメル質に含まれるペクリルというたんぱく質が結びついて発生する着色汚れです。

着色汚れを起こしやすいものとして、他にもカレーや醤油、ケチャップなどの色の濃い食べ物があり、注意が必要です。

さらに、口内のプラークを除去せずにそのまま放置していることで、プラークが歯石となり黄色く見えたり、プラークの中の虫歯菌によって進行した虫歯が黒ずんで見えたりします。

なぜミカホワイトは歯が白くなる?

ホワイトニング

ミカホワイトに含まれるハイドロキシアパタイトは、プラークや着色汚れをからめとって除去する効果があります。そのため、こびりついてしまった着色汚れを除去でき、歯を白くできます。

さらに、歯の表面のミクロの傷を修復して埋めるため、プラークや着色汚れが付着しづらいツルツルの歯になります。

そのうえ、ミネラルが溶け出して欠損したエナメル質の再石灰化を促すため、トラブルやリスクに負けない白く強い歯へ導きます。

たばこのヤニを除去する効果が厚生労働省より認められている、ポリエチレングリコールも配合されているため、着色汚れだけではなくたばこのヤニも吸着除去するのが特徴です。

ミカホワイトが効かない人の特徴

ホワイトニング

ミカホワイトの効果を感じないという方は、以下のような歯の磨き方をしている可能性があります。

  • 歯ブラシを濡らしてしまっている
  • 歯磨き粉を使いすぎている
  • 強い力で磨きすぎている
  • 歯磨きが終わった後に口をすすぐ回数が多い

ホワイトニング歯磨き粉は、歯ブラシを濡らしてしまうとせっかくのホワイトニングの成分が水で薄まってしまいます。

また、歯磨き粉はつけすぎてしまうと効果が薄れてしまうので、歯ブラシの1/3程度の量をつけて、1本1本の歯を丁寧に磨いていきましょう。

強い力で磨きすぎると、歯の表面を傷つけてしまい着色汚れをつけやすくするのでやめましょう。

最後に、歯磨きが終わったら、軽くすすいで完了させるようにしましょう。何度もすすいでしまうと、ホワイトニング成分が流れ出てしまいます。

ホワイトニング効果を高めるためのコツ

ホワイトニング

ホワイトニング歯磨きによって効果を実感するためには、ただ磨くだけではなくいくつかポイントをおさえる必要があります。

ここからは、ホワイトニング効果を高めるためのコツをご紹介します。

歯の汚れや歯石を落とす

ホワイトニング

自宅でのホワイトニングを本格的にはじめようと考えている方は、まず歯科医院でのクリーニングを行って、歯の汚れや歯石を落とすようにしましょう。

歯科医院でクリーニングを行うと、プラークや、歯石も綺麗に取り除けます。

歯石は歯を汚く見せるだけではなく、歯周病を悪化させる原因にもなるので、まずは口内を綺麗にしてからホワイトニングをはじめましょう。

着色汚れがつかないようにする

ホワイトニング

歯の黄ばみが気になっている方は、これ以上着色汚れがつかないようにするために、ポリフェノールが含まれた食べ物や飲み物を控えるようにしましょう。

ポリフェノールを豊富に含む食べ物や飲み物は以下です。

  • 赤ワイン
  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • チョコレート
  • ココア
  • 大豆
  • 生姜
  • ブルーベリー
  • カリン

ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、動脈硬化を防ぐ、血糖値の上昇を抑制するなどさまざまな働きをもっているため、健康のために摂取している方もいらっしゃいますが、過剰に摂取することで歯に着色汚れがつきやすくなります。

これらを一切口にしないというよりは、口にしたあとすぐに口の中をすすいで着色汚れを洗い流すことが重要です。

ポリフェノールが多く含まれている食べ物や飲み物は覚えておいて、口にしたあとのケアを怠らないようにしましょう。

正しい歯磨き方法を習得する

ホワイトニング

ホワイトニング効果を高めるためには、正しい歯磨きの方法を習得することが重要です。以下のように歯磨きを行いましょう。

  1. 歯ブラシは鉛筆を握るようにそっと持つ
  2. 歯に90度の角度で歯ブラシをあてる
  3. 歯の先端を磨くようにする(通常の歯磨き粉を使わない場合は根元もしっかり磨く)
  4. 軽く口をすすぐ

歯磨き粉を出す量は、上記でご紹介したとおり歯ブラシの先端に1/3程度にします。さらに、歯ブラシは濡らさずに使用するように気をつけましょう。

歯ブラシを持つときは鉛筆を握るような感覚で強く握らずに、そっと柄を握るようにします。

歯ブラシの角度を歯の面に対して90度にすることで、接着面が広くなり着色汚れやプラークを除去する効果が高まります。

その後、歯の先端を磨くように歯ブラシを小刻みに動かしていきますが、通常の歯磨きを事前に行っていない場合は歯茎もしっかり磨くようにしましょう。

最後に軽く口をすすいでホワイトニング歯磨きは完了です。

ミカホワイトのさまざまな効果

ミカホワイトには、歯を白くする以外にも以下のようなさまざまな効果が期待できます。

  1. 歯を白くする
  2. 口臭防止
  3. たばこのヤニ除去
  4. 口腔内を浄化
  5. 口腔内を爽快に
  6. 歯周病の予防
  7. 歯槽膿漏の予防
  8. 歯肉炎の防止
  9. 虫歯の発生、進行を防止
  10. 歯石の沈着防止

ミカホワイトはプラークをしっかり除去する効果や、グリチルリチン酸2Kによる抗炎症作用、IPMPによる殺菌作用が期待できるアイテムです。

そのため、歯周病や虫歯の予防効果があり、口腔内を綺麗な状態に保つことができます。

歯周病や虫歯は口臭の原因にもなるため、それらを予防することで口臭を防ぐことにもつながります。

ミカホワイトを使用することで、口腔内を常に綺麗な状態に保てるので、プラークが歯石となってしまうこともありません。

まとめ

ミカホワイトは、ハイドロキシアパタイトの効果によって着色汚れやプラークをからめとり、新しい汚れがつかないように歯の表面の傷を埋めて保護します。

歯を汚く見せてしまうような虫歯や歯周病の予防効果もあり、口腔内を常に清潔な状態に保てるのでトラブルに負けない口腔環境へと整えることができます。

ミカホワイトの定価は4,980円ですが、チャレンジコースで購入すると初回は80%オフの980円、2回目以降は1本20%オフの3,980円と、ずっとお得に購入することが可能です。

さらに、送料無料、いつでも解約OKなどの特典もあるので、はじめて購入する方はチャレンジコースでの購入が断然お得です。

ミカホワイトは正しく使用することで効果を発揮する歯磨きなので、今回ご紹介した内容を参考に、歯磨きの方法を見直してみてくださいね。