ミカホワイトがホワイトニングに効く3つの理由と歯が汚く見える原因

ホワイトニングができる歯磨き粉は数多く発売されていますが「本当に効果があるの?」「どれを選んだらいいかわからない…」などのお悩みを感じている方も多いのではないでしょうか?

市販のホワイトニング歯磨きは、歯科医院やサロンで行うホワイトニングと違い、過剰に歯の表面を削ってしまう商品も含まれているため、慎重に選ばなければいけません。

そこでこの記事では、モデルでタレントのアンミカさんがプロデュースしたホワイトニング歯磨きであるミカホワイトをご紹介します。

ミカホワイトがホワイトニングに効く理由や、歯が汚く見える原因も解説するので、ホワイトニング歯磨きに興味がある、購入を検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。

ミカホワイトがホワイトニングに効く理由

ホワイトニング

ミカホワイトは、美容に関する資格を数多くもち、女性の美に敏感なアンミカさんがプロデュースした、ホワイトニング歯磨きです。

実際、歯のホワイトニングにどのような効果があるのかをご紹介します。

歯を削るのではなく汚れをつきにくくする

ホワイトニング

ホワイトニング歯磨きの中には、研磨剤が多く含まれていて、歯の表面を過剰に削ってしまうものがあります。

歯の表面を削ってしまうと、着色汚れが付きやすい状態になること、象牙質が透けて見えてしまうことから、ホワイトニングをしたいと考えている方におすすめすることはできません。

ミカホワイトは、研磨剤で歯を削るのではなく、ハイドロキシアパタイトに含まれている微粒子が着色汚れや歯垢をからめとり、歯の表面を綺麗にします。

さらに、歯の表面にあるミクロサイズの傷を埋めるため、その後も着色汚れがつきにくく、ツルツルの歯になるのが特徴です。

たばこのヤニを除去する

ホワイトニング

たばこには真っ黒な色をしたタールが含まれており、喫煙をすることで口内では本来歯を守るはずのペリクルという成分とタールの結合が行われ、歯の表面にヤニ汚れが付着してしまいます。

通常は、たばこを吸ってからすぐに歯磨きを行えばヤニ汚れは除去しやすいのですが、半日以上たつとペリクルとタールの結合が強くなり、簡単に落とすことが難しくなります。

ミカホワイトに含まれるポリエチレングリコールは、厚生労働省が発表しているヤニに効果のある成分です。

ヤニ汚れを吸着して除去する効果があるので、長年たばこを吸い続けていてヤニ汚れが気になるという方にもおすすめできるアイテムです。

歯周病や虫歯を予防する

ホワイトニング

歯周病や虫歯は、歯の表面に付着している細菌のかたまりである、プラークの中に存在する歯周病菌や虫歯菌によって引き起こされます。

プラークは粘着性が強く、歯の表面にしっかり付着しているため、うがい程度では取り除くことができません。

プラーク内には細菌が約600種類も存在していると言われており、口内の清掃が不十分な状態にあると、歯の表面に形成されていきます。

このプラーク放っておくと、石灰化して歯石となり、歯周病を悪化させる原因となります。

一方虫歯は、プラーク内にいる虫歯菌が酸を出すことによって、歯に穴が開き進行すると穴はどんどん深くなって激しい痛みを伴うようになります。

ミカホワイトには、口内にいる歯周菌や虫歯菌を殺菌するIPMP(イソプロピルメチルフェノール)や、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kが配合されています。

そのため、ホワイトニング効果だけではなく歯周病や虫歯を予防でき、さらに歯周病や虫歯が原因となる口臭も改善させることができます。

歯が汚く見える原因は?

ホワイトニング

ここまでミカホワイトのホワイトニング効果についてご紹介してきましたが、そもそもなぜ歯は汚く見えてしまうのでしょうか?

ここからは、歯が汚く見える原因をご紹介します。

着色汚れ(ステイン)

ホワイトニング

歯の着色汚れはステインとも呼ばれ、歯の表面を黄色く見せてしまいます。食品や飲み物に含まれるポリフェノールと、歯のエナメル質を覆っているペリクルが結合することで着色汚れが生じます。

以下の食べ物や飲み物には、ポリフェノールが多く含まれています。

  • コーヒー(クロロゲン酸)
  • 紅茶(紅茶ポリフェノール)
  • 赤ワイン(アントシニアニン)
  • カレー(クルクミン)
  • チョコレート(カカオポリフェノール) など

上記のもの以外にも、合成着色料も着色汚れの原因となります。そのため、色の濃い食べ物や飲み物は注意が必要だと覚えておくようにしましょう。

歯石や虫歯による黄ばみ

ホワイトニング

歯磨きによってプラークを落とせていない状態だと、プラークは石灰化して歯石になります。歯石は見た目が悪く、歯を汚く見せてしまいます。

さらに、プラークの中にいる虫歯菌によって、歯からカルシウムやリンが溶け出す脱灰が起こります。

通常は時間が経つと口内では再石灰化が行われ、唾液によって溶けだしたミネラル成分は元に戻るのですが、虫歯が進行すると再石灰化が間に合わず歯の表面はツヤをなくしていきます。

初期の虫歯は白いシミができる程度ですが、進行すると変色して黄色や茶色になり、歯の神経が死んでいる状態になってしまいます。

加齢による黄ばみ

ホワイトニング

歯の色は、歯の表面のエナメル質の内側にある象牙質の色に影響されます。

象牙質は黄色いので、加齢によって歯の表面を覆っているエナメル質がすり減っていくと、内側の象牙質が透けて見えることで歯が黄色く見えるようになってきます。

エナメル質の厚さや象牙質の色には個人差があり、加齢とともに歯が黄色く見える方もいれば、白さを保っている方もいます。

さらに、子どものころにテトラサイクリン系の抗生物質を服用したことがあると、歯の組織形成に影響を与えるとされていて、歯が黄ばんでしまうことがあります。

ホワイトニング歯磨きを使用する際の注意点

ホワイトニング

ホワイトニング歯磨きを使用する際には、以下のことに注意しましょう。

  • 過度に力をかけない
  • 歯ブラシを細かく振動させて1本1本磨く
  • 歯ブラシを濡らさない
  • 口をすすぐ回数は1回程度

歯の表面のエナメル質を削りすぎてしまったり、歯茎を傷つけてしまったりしないように、強く磨きすぎないよう気をつけましょう。

歯の表面に傷ができてしまうと、傷の部分に細菌がつきやすくなり、着色汚れにもつながります。

また、歯ブラシは歯の1本1本に丁寧にあてて、細かく振動させながら隅々まで磨くようにすることが重要です。

プラークを丁寧に取り除き、ミカホワイトの有効成分を歯の隅々まで行き渡らせることを意識しながら磨きます。

歯ブラシを濡らしたり、最後に口を過度にすすいだりすると、有効成分が薄まって流れ出てしまいます。せっかく口内に行き渡らせた有効成分が流れ出てしまわないように、口をすすぐのは1回程度に留めておきましょう。

まとめ

ホワイトニングができる歯磨き粉は、研磨剤入りのものが多く歯の表面に傷をつけやすい成分が入っています。

ミカホワイトには研磨剤が入っておらず、ハイドロキシアパタイトによってプラークをからめとり歯の表面の傷を埋めるので、継続して使用することでツルツルの歯を保つことができ、着色汚れもつきにくい状態になります。

さらに、ミカホワイトは厚生労働省が定めた安全と品質保持のための製造工程管理基準であるGMP認定工場で製造、管理されています。

安心、安全の国内工場で製造されているのも、おすすめできるポイントです。

ホームページからチャレンジコースで購入することで、初回80%オフの980円で購入することができ、送料無料やいつでも解約OKなどの特典もついてくるため、興味がある方はぜひチャレンジコースでミカホワイトを試してみてくださいね。