ミカホワイトの口コミを3つのポイントで紹介

ホワイトニングのためにクリニックに通っていない方はもちろん、通っている方のセルフケアとしても効果があると噂されている、アンミカさんプロデュースのミカホワイトをご存知ですか?

歯にこびりついてしまった着色汚れを除去するだけではなく、虫歯や歯周病の予防効果もあると、発売以来じわじわSNSで話題になっているアイテムです。

しかし、実際の効果は使用した方の意見を聞いてからでないとわからないと考えている方に向けて、今回はミカホワイトの口コミを、おすすめポイント、悪い評判、使い方の3つに分けてご紹介します。

ミカホワイトの口コミが気になるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ミカホワイトおすすめポイント【口コミ】

ホワイトニング

まずは、ミカホワイトをおすすめしている方からの口コミをご紹介します。

研磨剤不使用だから安心

自宅で手軽にホワイトニングができる歯磨き粉を探していたときに、広告でミカホワイトを見つけました!
いろいろ調べて、研磨剤が入っていない歯磨き粉を探していたので、ハイドロキシアパタイトの力で歯垢や着色汚れをからめとるってことに期待して購入。
最初は歯の白さを感じるほどの効果はわからないものの、磨いたあと今までの歯磨き粉と全然違う歯のツルツル感を手に入れることができました♪
このまま継続すれば新たに汚れがつくことはなさそう☆超おすすめです!

40代・女性

よくある研磨剤が使用されている歯磨き粉は、歯の表面のエナメル質を削ってしまい、さらに着色汚れが付きやすくなってしまうので、研磨剤不使用の歯磨き粉を探している方は多いですよね。

ミカホワイトに使われているのは、ハイドロキシアパタイトやPEG400(ポリエチレングリコール)など、歯垢や着色汚れ、ヤニ汚れに吸着して除去するような成分なので、安心して使用できます。

口の中が爽やかになる!

歯の黄ばみや口臭に長年悩んでいました…歯磨き粉も、歯の黄ばみをとるものなのか、歯周病に効くものなのか、どれを選べばいいかいつも悩んでいて、結局どの効果も感じないという始末。
そんなときミカホワイトを発見してその効果の多さにビックリ!!
歯の黄ばみを除去するだけじゃなくて、歯周病や虫歯の予防にもなるし、口臭予防にも!それは試すしかないと試したところ、磨いた瞬間口の中がめちゃくちゃ爽やかになって今までの歯磨き粉とは全然違うと実感できました!
1週間ほど使ったら歯が白くなってきた気がします。定期購入で買ったので、このまま続けたいと思います!

30代・女性

ミカホワイトは、歯を白くするだけではなく歯周病や虫歯の予防もできる歯磨き粉です。抗炎症作用をもつグリチルリチン酸2Kや、悪玉菌を殺菌するIPMP(イソプロピルメチルフェノール)が配合されていて、口臭にも効果を発揮するので口の中が爽やかになります。

ミカホワイトの悪い評判【口コミ】

ホワイトニング

いい口コミが多いミカホワイトですが、悪い評判も見てみましょう。

どの程度歯が白くなったのかわからない

歯の表面がつるつるになったような気はします。磨いたあとはすっきりしてる。しかし、歯が白くなったかというとちょっとわからないというのが本音。

50代・女性

ミカホワイトの効果がわからないと感じている方は、1週間以上は継続利用してみる必要があります。続けることで効果を実感できるアイテムなので、すぐやめてしまったり、効果が見られないと判断したりするのは時期が早いのかもしれません。

思ったほどの効果はない

電動歯ブラシで使ってます。思ったほど効果がなくて残念です。

30代・男性

電動歯ブラシは、種類によっては強く磨きすぎてしまうアイテムもあるので、できればミカホワイトは手で磨くタイプの歯ブラシを使用した方がよいでしょう。強く磨きすぎてしまうと、歯の表面を傷つける可能性があるので注意が必要です。

ミカホワイトの使い方は?【口コミ】

ホワイトニング

ミカホワイトには良い口コミもあれば悪い口コミもありますが、使い方によって効果を感じられるようになる可能性があります。

ここからは、使い方の口コミをご紹介します。

毛先を濡らさずに使ったら効果◎

クリニックでホワイトニングをしていますが、そのあとの自宅でのケア用として購入しました。
クリニックで、ホワイトニング歯磨きはハブラシの毛先を濡らさないで使うといいって教えてもらったので、毛先を濡らさずに使ってます!
ホワイトニングに定期的に通っていましたが、ミカホワイトを使ってからは定期的に通う必要ないかも?と感じるほど効果を実感しています♡
新しい着色汚れがつかないから、このまま白い歯を維持できそう♪

30代・女性

ホワイトニング歯磨きは、歯ブラシを濡らしてしまうと成分が薄まってしまい、効果を感じられなくなる可能性があります。そのため、歯ブラシを濡らさずに使用することでホワイトニング成分が十分口内に行き渡り、効果を感じられるようです。

磨きすぎないようにしてみました

歯の黄ばみがずっと気になっていて、笑う時に気にしすぎて変な笑い方に…どうにかしたいと思いミカホワイトを購入しました。
もともと、歯の汚れを落とそうと歯磨きはかなり時間をかけて強く磨いていました。30分くらいかけて磨いていたけど、それが逆効果だったようです。
ミカホワイトを使うときにネットで使い方を調べていたら、歯磨きは強く磨きすぎるのはよくないというのを見かけて、慌てて磨き方を変えました。
時間にこだわるのではなく、1本1本丁寧に磨くように、優しく磨くようにということを心掛けて磨いていたら、歯の黄ばみが気にならなくなってきました!!これは本当に嬉しかったです!!!

40代・女性

ミカホワイトに限らず、歯磨きをする際は強く磨きすぎないことが重要です。強く歯を磨いてしまうと、歯の表面や歯茎を傷つけてしまい、着色汚れが付きやすくなったり、傷ついた歯茎から炎症を起こしてしまったりするので注意が必要です。

ミカホワイトの主な配合成分

ホワイトニング

ミカホワイトには、主に以下のような成分が配合されています。

  • グリチルリチン酸2K:抗炎症成分
  • IPMP(イソプロピルメチルフェノール):殺菌成分
  • PEG400(ポリエチレングリコール):ステイン除去成分
  • ハイドロキシアパタイト:再石灰化促進
  • アロエエキス:高保湿成分
  • チャエキス:フボノイド成分
  • クマザサエキス:抗菌成分

ハイドロキシアパタイトやPEG400(ポリエチレングリコール)が歯の表面についている、着色汚れを吸着除去して歯を元の白さに戻します。さらに、そのあとも汚れをつきにくくするので、白い歯を維持できるのです。

また、殺菌成分や抗炎症成分、抗菌成分など歯周病菌や虫歯菌を殺菌し、繁殖を抑制する成分も配合されているため、歯周病や虫歯を進行させずに口内を清潔に保つことができます。

まとめ

ミカホワイトの口コミは、効果を感じられなかったという方は一定数いるものの、良い口コミが多く、効果を実感している方が多いという結果でした。

継続的に使用することや、歯磨きの方法を改善することでミカホワイトの効果を感じられる可能性が高いため、効果がないと感じてもすぐやめてしまうのではなく、1週間以上は継続し、正しい歯磨きの方法を身につけるようにしましょう。

ミカホワイトは、歯を白くするだけではなく、歯周病や虫歯に悩んでいる方にもおすすめできる歯磨き粉です。

購入を考えている方は、ぜひこの記事で集めた口コミを参考にしてみてください。