アンミカのホワイトニング歯磨きはタバコにも効果あり?着色しやすい食事に対する3つの対処法も紹介

コロナ禍で、ホワイトニングのためだけに歯医者へ通院しにくくなった昨今。

ドラッグストアなどでも、ヤニ落としに効果のある歯磨き粉が多く販売されているため、そのようなアイテムを使って自宅でケアしている方も多いですが、なかなか期待する効果が実感できないとお悩みの方も多いようです。

そんな方におすすめしたいのが、モデルとして世界的なショーに出演し、現在ではタレントとしても大活躍のアンミカさんがプロデューサーをつとめている、ホワイトニング歯磨き「ミカホワイト」です。

ミカホワイトは、医療レベルの高い効果が認められている医薬部外品のホワイトニング歯磨きで、歯医者へ行かなくても歯を白くできるとネット上で話題になっています。

この記事では、アンミカさんプロデュースのホワイトニング歯磨きがタバコのヤニにも効果を発揮するのかと、着色しやすい食事に対する3つの対処法についてご紹介します。

タバコや食事による着色汚れに効果のあるホワイトニング歯磨きをお探しの方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

アンミカのホワイトニング歯磨きはタバコにも効果あり?

タバコ

タバコは、歯にヤニがついてしまうだけでなく口内環境を悪化させる原因にもなる上、全身の健康を害することもあります。

しかし、世界的に禁煙を促進する動きもある中、どうしてもタバコがやめられないという方もいるようです。

喫煙者の中には、歯についたヤニがなかなか落ちないことでお悩みになっている方も多いようですが、ミカホワイトはそんな困ったお悩みを歯磨きだけで解決してくれるアイテムなのです。

ここでは、ミカホワイトはタバコのヤニを落とす効果があるのかご紹介します。

歯にタバコのヤニがつく仕組み

黄ばんだ歯

喫煙者特有のお悩みとして多いのが、歯の黄ばみや口臭です。では、タバコを吸うとどうして歯にヤニがついてしまうのかご存知ですか?

タバコには何種類もの物質が含まれており、タバコを口にくわえて吸い込むことで多くの物質が口の中に入ってきます。

タバコに含まれる物質の中で、歯にヤニがつく原因となるのは「タール」という成分です。タールはもともと真っ黒い色をしており、発がん性物質を含んでいます。

タバコを吸っていると部屋の壁紙が黄色くなってしまったという経験をされたことのある方も多いですが、喫煙者の口の中ではこれと同じことが起きているということです。

通常、歯の表面は唾液に含まれる「ペクリル」という成分で守られています。ペクリルは食後の強い酸や熱い食べ物、冷たい飲み物などの刺激から歯を守っている成分です。

このペクリルはタールと結びつく特性があり、これがヤニ汚れとなります。

ミカホワイトはタバコのヤニに効果があるのか

黄ばんだ歯

結論からいうと、ミカホワイトはタバコのヤニを落とす効果があります。

公式ホームページを見ると、ミカホワイトはひとつで10もの効果があり、その中にはタバコのヤニを除去することも記されています。

ミカホワイトがタバコのヤニに効果を発揮するのは、PEG400(ポリエチレングリコール)の効果によるものです。

PEG400(ポリエチレングリコール)は、色素沈着除去効果があると医療現場でも認められている薬用成分で、タバコのヤニを溶かして落とすことが確認されています。

さらに、ヒドロキシアパタイトが歯の表面の目には見えない小さな傷を埋めてくれるため、今あるヤニを落とすだけでなく、タバコのヤニが付着しにくい歯に導いてくれるのです。

ミカホワイトでタバコのヤニを効果的に落とす方法

歯磨き

ミカホワイトは、普段通り歯磨きするだけでタバコのヤニを落として歯を白くするアイテムですが、できるだけ早く効果を感じるためには、ポイントを押さえて歯磨きすることが大切です。

ミカホワイトでタバコのヤニを効果的に落とすには、以下のことに注意するとよいでしょう。

  • 歯を傷つけないように優しく磨く
  • こまめに歯を磨く
  • 歯ブラシを小刻みに動かして磨く
  • 歯ブラシを水で濡らさない
  • 口をゆすぎすぎない

実はタバコのヤニは水溶性なので、タバコを吸った後すぐに歯磨きをすれば簡単に落ちます。しかも、唾液に含まれるペクリルは振動に弱く、歯ブラシを小刻みに動かすだけで少しずつ剥がれていくため、正しい方法で歯を磨くだけでタールとともに落とすことが可能です。

一度の歯磨きですべてのヤニを落とすのは難しいことですが、毎日こまめにミカホワイトで歯を磨くことで必ず歯を白くできるので、まずはひと月続けてみることをおすすめします。

着色しやすい食事に対する3つの対処法

着色汚れ

喫煙者が気になるのは、タバコのヤニによる着色汚れですが、歯の黄ばみの原因はそれだけではありません。

歯の黄ばみの原因としてよく知られているのは、コーヒーや赤ワインなどタバコと一緒に楽しむ機会の多い飲み物やカレー、チョコレートなどの色が濃い食べ物です。

着色しやすいからといって体に悪い食事というわけではありませんし、栄養面やストレス面などから考えても完全に口にしないことは難しいものです。

そういった場面では、いくつかポイントを抑えるだけである程度着色を抑えることができるので、これからご紹介する対処法を覚えておくとよいでしょう。

ここでは、着色しやすい食事に対する3つの対処法についてご紹介します。

食事前の対処法

歯磨き

歯の着色を防ぐには、食事の前から対処しておくことが重要です。

食事の前にミカホワイトで歯を磨いておくと、ヒドロキシアパタイトの効果で歯の表面がツルツルになり、着色しにくくなります。

また歯の表面が水を含み、より着色しにくい状態になるため、食事の前に歯磨きをしておくとよいでしょう。

とくに口呼吸の癖がある方は歯が乾燥し、着色しやすいため、食事の前にしっかり歯の表面に水分を吸収させてから食事することが大切です。

食事中の対処法

着色汚れ

着色汚れを防ぐためには、食事中以下のことに注意しましょう。

  • 食事中は水を飲む
  • よく噛んで唾液の分泌を促す
  • 食物繊維の多い食材をたくさん食べる
  • 温かい飲み物より冷たい飲み物を選ぶ

食事中は、唾液の分泌を促すと着色汚れを防げるため、よく噛んで唾液の分泌させるよう意識する必要があります。また、食物繊維の多いカリフラワーやブロッコリー、じゃがいもなどの野菜はよく噛まなければならず、自然と唾液の分泌を促してくれるのでたくさん食べるようにしましょう。

食事の組み合わせによっては着色しやすい状態をつくりだしてしまう可能性もあるので、できるだけ水を飲むようにすると着色の原因を洗い流してくれます。

食後の対処法

サプリ

食後はミカホワイトで歯磨きをして、着色汚れが定着する前に洗い流すことが大切です。

歯の表面に付着している汚れは、歯磨きの回数に比例して除去されていきますので、食後も必ず歯磨きするようにしましょう。

ただし、食後すぐの歯磨きは歯を傷つけてしまう可能性もあるので、ミカホワイトのホワイトニング効果を早く実感するためにも、少し時間を置いてから優しく丁寧にブラッシングすることをおすすめします。

外食などで歯磨きができない状況であれば、アンミカさんがプロデュースしているミカシリーズの口臭ケアサプリ「ミカフレッシュ」を一粒口に含んでおくとよいでしょう。

まとめ

アンミカさんプロデュースのホワイトニング歯磨き「ミカホワイト」がタバコのヤニにも効果を発揮するのかと、着色しやすい食事に対する3つの対処法についてご紹介しました。

ミカホワイトは厚生労働省が効果、効能の有効性を認めているさまざまな成分が配合されており、飲食物の汚れだけでなく、タバコのヤニまで落とす強力なホワイトニング効果を持っているホワイトニング歯磨きです。

そんなミカホワイトに配合されているPEG400(ポリエチレングリコール)は、タバコのヤニを溶かして落とす効果が確認されている薬用成分で医薬品などにも使用されています。

ただ、いくらPEG400(ポリエチレングリコール)の効果が確かなものであったとしても、歯の磨き方や磨くタイミング、生活習慣などによっては効果を得るまでに時間がかかってしまう場合もあるため注意が必要です。

ミカホワイトでタバコのヤニを落としたい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。