アンミカのミカシリーズからミカホワイトが登場!詳細と歯を黄ばませる生活習慣を紹介

ミカホワイトは、モデルのアンミカさんが完全プロデュースしているミカシリーズから登場したホワイトニング歯磨きです。

発売記念イベントがテレビでも報道され話題となったことで、ミカホワイトの存在を知った方も多いのではないでしょうか。

アンミカさんは、その職業柄さまざまな人からお悩みを相談されるようで、その中でもとくに多いのが口元に関するお悩みだそうです。

たしかにテレビでアンミカさんの輝くような白い歯を見ていると、どんなケアをしているのか、その秘密が知りたくなってしまいますよね。

そこでこの記事では、アンミカさんが完全プロデュースしたミカシリーズから登場した、ミカホワイトの詳細と、気をつけたい歯を黄ばませる生活習慣についてご紹介します。

ミカホワイトとは

歯磨き粉

ミカホワイトは、ホワイトニングをしながら歯磨きもできる一石二鳥のホワイトニング歯磨きです。

実は、アンミカさんは歯医者のホワイトニングに一切通わず、ミカホワイトで歯磨きをして歯の白さをキープしているそうです。

歯医者へ通わずに歯を白くできるミカホワイトとは、一体どのようなアイテムなのでしょうか。ここでは、ミカホワイトの詳細についてご紹介します。

アンミカのミカシリーズから登場したホワイトニング歯磨き

ホワイトニング

ミカシリーズは、持ち前のトーク力でテレビやイベントに引っ張りだこの世界的な有名モデルである、アンミカさんが開発した口元のお悩み解消アイテムです。

毎日のようにアンミカさんのもとに届く口元のケアに関するお悩みを解消するため、アンミカさん自身の目で見極めて、おすすめできるものをお届けしたいという思いから開発されたのが、ミカシリーズなのです。

ミカシリーズは現在のところ、ホワイトニング歯磨き「ミカホワイト」と口臭ケアサプリ「ミカフレッシュ」の2種類のアイテムが販売されており、この2つのアイテムを併用することで口元のお悩みを口の中と体の中のダブルで解消できます。

実際にアンミカさんがミカシリーズをどのように使用しているか、ご紹介します。

  • 朝6時:起床後すぐにミカホワイトで歯磨き。朝食後の歯磨きもミカホワイトでしっかりと。
  • 朝9時半:人と至近距離で接するヘアメイク中や打ち合わせでは、ミカフレッシュを1粒。
  • 午後2時:ランチ後ももちろんミカホワイトで歯磨き。
  • 午後4時:イベントの本番前はミカフレッシュを口に含んでリフレッシュ。
  • 午後8時:外でのディナー後、歯磨きできないときにもミカフレッシュでお口スッキリ。
  • 午後10時:寝る前の歯磨きはもちろんミカホワイトで。明日の朝も口の中は粘つきゼロ!

ミカシリーズは、成分や効果だけでなくパッケージの可愛さにもこだわってつくられた口元ケアアイテムです。外出時にカバンから取り出したとき、コミュニケーションツールとしても役立ちます。

ミカホワイトの効果

効果

ミカホワイトは、厚生労働省が許可した有効成分を配合した「医薬部外品」のホワイトニング歯磨きです。そのたしかな効果は、メディアに多数出演している歯科医師からも注目されています。

医薬部外品のホワイトニング歯磨きとは、一般的な化粧品の歯磨き粉に配合されている成分のほかに、歯と歯茎を健康に保つための薬効成分が配合されているもので、ミカホワイトは数ある医薬部外品のホワイトニング歯磨きの中でも1本で10の効果があると評判です。

以下は、ミカホワイトで歯を磨くだけで得られる10の効果です。

  1. 歯を白くする
  2. 口臭を予防する
  3. タバコのヤニを除去する
  4. 口の中を浄化する
  5. 口の中を爽快にする
  6. 歯周病を予防する
  7. 歯槽膿漏を予防する
  8. 歯肉炎を予防する
  9. 虫歯の発生や進行を防ぐ
  10. 歯石の沈着を予防する

ミカホワイトは、薬用成分「PEG400」がミクロレベルの汚れを徹底的に吸着し、歯の表面の見えない傷を埋めて汚れがつきにくい滑らかな歯にする効果があります。

さらに、歯の表面から溶け出したエナメル質を再石灰化することで、初期虫歯の修復をサポート。トラブルやリスクに負けない白く強い歯に導きます。

品質へのこだわり

品質

アンミカさんは、漢方養生指導士や漢方スタイリスト、日本化粧品検定、コスメコンシェルジュなどさまざまな資格を持っている美容と健康のスペシャリストです。

ミカホワイトは、そんなアンミカさんが品質にまで徹底的にこだわって作ったホワイトニング歯磨きです。効果があると証明されている有効成分はたっぷりと、余分なものは可能な限り入れずに作られています。

  • パラベンフリー
  • 合成着色料フリー
  • シリコンフリー
  • SLSフリー
  • 動物性原料フリー
  • 鉱物油フリー
  • フッ素フリー
  • 合成甘味料フリー

しかも、ミカホワイトは厚生労働省が定めた製造工程管理基準「GMP認定」をクリアした国内工場で製造されているため、安心して使えるのも嬉しいポイントです。

歯を黄ばませる生活習慣とは

歯の黄ばみ

ミカホワイトは、歯医者のホワイトニングへ通わなくても歯を白くできる歯磨きアイテムですが、歯を黄ばませるような生活習慣を送っていては、ミカホワイトの効果を実感できるまでに時間がかかってしまいます。

ここでは、歯を黄ばませる生活習慣についてご紹介します。これからご紹介するような生活をしている方は、ミカホワイトの効果を感じにくくなってしまう可能性があるので、ぜひ参考にしてみてください。

間違った歯磨き

歯磨き

歯の色を気にしている方の中には食後の歯磨きを欠かさない方も多いですが、それでも歯の黄ばみが進行する場合は、間違った方法で歯を磨いている可能性があります。

  • かための歯ブラシでゴシゴシ磨いている
  • 歯ブラシを大きく動かして磨いている
  • 歯磨き粉をたくさんつけて磨いている
  • 歯ブラシは濡らして使っている
  • 歯磨き後のうがいをしっかり丁寧にやっている

上記に当てはまる方は、歯の表面を傷つけている、もしくは磨けていないのに磨けている気になっているかもしれません。

いくら歯磨き粉選びにこだわっても、使い方が間違っていれば十分な効果が得られなくなってしまいます。ミカホワイトの効果を最大限に感じるためにも、正しい方法で歯を磨きましょう。

着色しやすい食べ物や飲み物をよくとる

着色汚れ

歯を黄ばませる主な原因は、食べ物や飲み物をとることで起こる着色汚れです。以下のような食べ物や飲み物をよくとる方は、歯が黄ばみやすくなっています。

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 赤ワイン
  • カレー
  • チョコレート

一般的に、色の濃い食べ物や飲み物は唾液に色がつきやすく、その唾液の色が歯に着色して歯が黄ばんでしまいます。

カレーやコーヒーなどが着色汚れの原因になることはよく知られていますが、醤油やソース、焼肉のタレなどの調味料も着色しやすいので注意しましょう。

タバコを吸う

タバコ

タバコの煙に含まれているヤニは、歯の黄ばみの原因になるだけでなく、食べ物や飲み物の着色汚れを歯に付着しやすくする性質があるのをご存知ですか?

その理由は、タバコのヤニはネバネバした粘着力をもっているため、食べ物や飲み物に含まれている色の成分を歯に吸着させてしまうからです。

さらにタバコが歯に与える影響は、それだけではありません。

ニコチンには血管を収縮させる働きもあるため、口の中に栄養が行き渡りにくくなり、免疫力を低下させて細菌を繁殖させてしまいます。その結果、歯周病の原因をつくり出してしまう可能性があるのです。

まとめ

ミカホワイトの詳細と歯を黄ばませる生活習慣についてご紹介しました。

ミカホワイトは厚生労働省に認可された歯を白くする成分や、口臭、歯周病予防成分が配合されており、効果が認められている歯磨きアイテムです。

毎食後、ミカホワイトでの歯磨きを習慣化することで、歯の着色汚れを除去し歯を白くしてくれます。

ただし、ミカホワイトで歯磨きをしているからといって、歯が黄ばみやすい生活を送っていると効果を実感しにくくなる可能性もあるので、日頃から注意して生活しましょう。

ミカホワイトは、1回の使用で目に見える効果が現れるものではなく、継続して使用することで徐々に歯を白くするアイテムです。正しい使用方法での歯磨きを習慣化して、アンミカさんのような白く輝く歯を手に入れましょう。

ミカシリーズに興味のある方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。